くすみに立ち向かう弾力泡

いまとても気になっているくすみ専用の洗顔石鹸があるんですが、
洗顔の際、石鹸を泡立てるのはどうしてなのかと以前から持っていた疑問を
解決してくれるような情報があり、色々と勉強したので
ここで少し書いてみようかなと思います。

くすみの原因の一つに、肌表面に汚れがこびりついていることが
あげられますが、この汚れを解消する手段として洗顔があります。
これは説明するまでも無かったですね。

洗顔の際、通常は石鹸を泡立てますが、泡は気泡が細かく密度が高いものが
良いと言われていますが、それにはちゃんとした理由がありました。

1.細かい気泡はつぶれにくい
気泡が細かいと肌表面に触れたときに気泡がつぶれにくく、
しっかりと汚れを吸いつけてくれるので汚れが綺麗に落ちる。

2.細かい気泡はより多くの汚れを吸着する
大きい気泡と同じ大きさで小さい気泡を集めたもので比べると、
汚れを吸着できる面積は、大きい気泡より小さい気泡の集まりの方が
面積が大きいそうです。よって小さい気泡の方がより多くの汚れを
吸着できるということになります。

3.細かい気泡は肌のキメにも入り込める
肌のキメの奥にまで入り込むことは大きい気泡では難しいですが、
細かい気泡なら楽々入り込んで汚れを吸い取ってくれます。

こういったことからも細かい気泡の方が
より多くの汚れを吸着できることがわかりますね。